音威子府駅

おといねっぷ
JR北海道 宗谷本線
北海道

音威子府駅
駅舎 H23(2011).6.15
【分類】 駅舎
【考察】 大正元年開業。先代の木造駅舎は築年不明。※1
現在の駅舎は平成2年築。※2
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 音威子府駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
中川郡音威子府村にある駅。かつては浜頓別町を経て稚内市(南稚内駅)までを結ぶJR天北線が接続していましたが、平成元年に廃止。駅舎内には天北線にまつわる資料が展示されているほか、現在も天北線を代替するバスとの交通結節点として機能しています。
なお、駅開業当時の駅所在地名は中川郡中川村でしたが、大正5年に常盤村として独立。昭和38年に駅名と同じ名称の音威子府村に改称されています。
音威子府駅
ホームと列車 H23(2011).6.15
音威子府駅
駅舎 H7(1995).3.15
【切符】
音威子府駅 きっぷ音威子府駅 きっぷ
【脚注】
※1.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.22(写真あり)
※2.『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』 小学館 1993,p.148