長門本山駅

ながともとやま
JR西日本 小野田線
山口県

長門本山駅
駅入口 H22(2010).7.20
【分類】 ホームのみ
【考察】 昭和12年に「本山」駅として開業し、昭和18年に現在の駅名に改称。
現在は駅舎はないが、旧駅舎は木造駅舎で、昭和46年の駅無人化以降
に解体された。
「なにそれ」HOME >> 駅舎随録 >> 長門本山駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
山陽小野田市(旧・小野田市)の南端部にある、小野田線本山支線の終点駅。駅の周囲は住宅地で、駅の南方には本山岬公園があります。
また、当駅は駅前に広がる周防灘の海底炭鉱(本山炭鉱)の積み出し駅として開業しましたが、炭鉱は昭和38年に閉鎖されており、現在は駅の近くに斜坑坑口の跡が残されています。
長門本山駅
ホームと駅構内 H19(2007).2.11
長門本山駅
ホームと旧型電車 H4(1992).4.6