三次駅

みよし
JR西日本 芸備線
広島県

三次駅
駅舎 H30(2018).7.22
【分類】 駅舎
【考察】 昭和5年に現在地の西方に「十日市」停留場(無人駅)として開業。昭和8年に現在地に移転し「備後十日市」駅として一般駅に昇格。昭和29年に現在の駅名に改称。※1 ※2
先々代の木造駅舎は昭和35年に一部改築の記録あり。※3
現在の駅舎は平成27年築。
れとろ駅舎HOME >> 駅舎随録 >> 三次駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
三次市の玄関駅。旧来の三次の町からは少し離れた場所に設けられていますが、現在は当駅の周辺が市の中心部となっています。
なお、駅周辺整備事業に伴い平成27年に駅舎を改築。併せて駅前広場も大幅に改修され、少し離れた場所にあったバスセンターの機能が駅前広場に統合されました。
→旧駅舎はこちら
【切符】
三次駅 きっぷ
三次駅 きっぷ
【脚注】
※1.『駅長さんの書いた駅名ものがたり』 東洋図書出版 1977,p.148
※2.『停車場変遷大辞典 国鉄・JR編U』 JTB 1998,p.266
※3.『日本の駅』 鉄道ジャーナル社 1972,p.397(写真あり)