南小野田駅

みなみおのだ
JR西日本 小野田線
山口県

南小野田駅
簡易駅舎 H22(2010).7.20
【分類】 簡易駅舎
【考察】 大正4年に「セメント町」駅として開業。昭和18年に「小野田港」駅に
改称し、昭和22年に現在の小野田港駅の位置に移転。当地に残された
ホームは小野田港駅の「北口」扱いとなり、昭和37年に南小野田駅と
して独立。現在の簡易駅舎の建築時期は不明。
「なにそれ」HOME >> 駅舎随録 >> 南小野田駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
山陽小野田市(旧・小野田市)の中心市街地の西側にある駅。駅前には商店や民家が建ち並び、裏手にはセメント工場の敷地が広がっています。
また、当駅は隣の小野田港駅のルーツでもあり、当地にあった小野田港駅が現在地に移転した後に、乗降取り扱いを行うホームが小野田港駅の「北口」としてそのまま残され、後に南小野田駅として独立しました。そのため、双方の駅間距離は600メートルという非常に短いものとなっています。
南小野田駅
ホームと駅名標 H22(2010).1.14
南小野田駅
簡易駅舎 H6(1994).5.4