黒井村駅

くろいむら
JR西日本 山陰本線
山口県

黒井村駅
駅舎 R3(2021).5.4
【分類】 駅舎
【考察】 駅は大正3年に開業。現在の駅舎は昭和50年代頃に建てられたもので、
以前の旧駅舎は木造駅舎だった。
「なにそれ」HOME >> 駅舎随録 >> 黒井村駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
下関市豊浦地区(旧・豊浦郡豊浦町)にある駅。駅前には商店や民家が建ち並んでいます。
なお、駅名は昭和30年まで存在していた豊浦郡黒井村に由来しているようですが、山口県では自治体としての村は「そん」と呼称するのが慣例になっており、当駅は「くろいそん」に設けられた「くろいむら」駅ということになります。
黒井村駅
駅舎内部 H30(2018).2.17
黒井村駅
ホームと駅構内 H21(2009).4.27
黒井村駅
駅舎 H8(1996).12.25
【切符】
黒井村駅 きっぷ
【切符】
黒井村駅 きっぷ