折尾駅 おりお
JR九州 鹿児島本線
福岡県北九州市八幡西区

折尾駅
旧東口駅舎正面 平成19年1月4日撮影
北九州市八幡西区にある駅。駅の周囲には商業ビルや住宅が密集しており、平成12年までは駅前のビルから西鉄北九州線の路面電車が発着していました。
当駅は九州鉄道(鹿児島本線の前身)と筑豊興業鉄道(筑豊本線)の接続駅として造られた、日本最古の立体交差駅といわれており、立派な木造駅舎は地域のシンボルとして長年親しまれていました。しかしながら、筑豊本線と鹿児島本線を結ぶ短絡線上に設けられ、改札外連絡の取り扱いを行っていた鷹見口駅舎の存在や、線路用地による駅周辺地域の分断など構造上の問題が多く、それらを解決するために駅の統合・高架化工事が進められることとなり、旧駅舎は惜しまれつつその役割を終えました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治24年に九州鉄道、筑豊興業鉄道それぞれが別の駅として開業し、明治28年に共用駅として現在地に移転・統合。写真の旧東口駅舎は大正5年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 折尾駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
折尾駅
鷹見口駅舎 平成11年8月22日撮影

折尾駅
旧西口駅舎 平成19年1月4日撮影

折尾駅
北口仮駅舎 平成26年8月12日撮影