三股駅 みまた
JR九州 日豊本線
宮崎県北諸県郡三股町

三股駅
平成19年当時の駅舎 平成19年5月17日撮影
北諸県郡三股町の玄関駅。駅前には民家や商店が建ち並んでいます。 また、現在は駅舎は三股町の所有となっており、平成21年頃には大規模な改装が施され、旧待合室部分はコミュニティバスの事務所に、旧駅事務室部分は冷暖房完備の広い待合室になっています。

当駅は昭和47年からしばらくの間は「東都城」駅と名乗っていましたが、これは当時、貨物輸送の拠点駅としても機能していたため、全国的に知名度が高い隣町の都城の名を駅名に含めていたとのことです。現在は貨物設備はすべて撤去されていますが、側線の跡と思われる用地が駅の裏手に広がっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正3年に開業。昭和47年に「東都城」駅に改称されるが、昭和61年に元の駅名に再改称。
現在の駅舎は昭和25年に建てられたものだが、平成21年頃にかなり大幅に改装されており、ほぼ原型を留めていない。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 三股駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
三股駅
現在の駅舎(夕暮れ) 平成26年1月9日撮影