杵築駅 きつき
JR九州 日豊本線
大分県杵築市

杵築駅
駅舎正面 平成24年9月23日撮影
杵築市の玄関駅。
駅前には商店や民家が建ち並んでいますが、駅は杵築市の中心市街地から5キロほど西に離れた山間部に位置しているため、周囲には田畑も広がっています。また、昭和41年までは大分交通国東線が接続し、杵築市の中心市街地を経て国東駅まで列車によって結ばれていましたが、現在はバスがその役割を担っています。

杵築の町は室町時代の初期より杵築城の城下町として栄えてきたところで、駅舎も武家屋敷を模したデザインとなっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した明治44年当時からの駅舎と思われるが、昭和末期頃に城郭風に改装されている。
昭和35年に一部改築との記録があるが、詳細は不明。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 杵築駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
杵築駅
駅舎入口 平成24年9月23日撮影

杵築駅
平成14年当時の駅舎 平成14年4月28日撮影撮影