樋脇駅 ひわき
国鉄 宮之城線
鹿児島県薩摩川内市

樋脇駅
旧駅舎正面 平成25年8月4日撮影
薩摩郡樋脇町(現在の薩摩川内市樋脇地区)にあった駅。
町の中心部の東側に位置しており、駅前には民家や商店が建ち並んでいました。

大正13年に宮之城線の駅として開業し、昭和46年には無人駅となりましたが、国鉄民営化を目前に控えた昭和62年1月に路線廃止となりました。その後、旧駅舎は営業当時の姿のまま残され、現在は鉄道記念館として公開されています。また、同じ宮之城線の楠元駅の旧駅舎は道路整備の際に解体されましたが、おそらくその部材を利用したと思われるレプリカの駅舎が建てられており、そちらも鉄道記念館として整備されています。
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は大正13年に開業。
写真の旧駅舎は建築様式から昭和20〜30年代に改築されたものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 樋脇駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
樋脇駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成25年8月4日撮影

楠元駅
市内楠元町にある楠元駅旧駅舎のレプリカ 平成25年8月4日撮影