筑前山家駅 ちくぜんやまえ
JR九州 筑豊本線
福岡県筑紫野市

筑前山家駅
旧駅舎入口 平成13年1月1日撮影
筑紫野市の郊外にある駅。駅のある山家の町は、江戸時代には長崎街道と薩摩街道の分岐点および日田街道との交点にあたる宿場町としてとても賑わったところで、駅は町の中心部の南の外れに位置しています。

昭和43年の篠栗線全通後は、当駅を含む桂川−原田駅間は列車本数が激減し、現在では原田−桂川駅間を結ぶ区間列車が一日に数本発着するのみとなってしまいましたが、駅の南西方2キロほどの場所には西鉄天神大牟田線の筑紫駅があり、西鉄福岡(天神)駅に直結しているほか、周辺地域に延びるバス路線の拠点ともなっているため、利便性において大きな差を付けられています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和4年に開業。写真の旧駅舎は駅開業当時からのものと思われるが、待合室側が大幅に縮小されていた。平成13年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 筑前山家駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
筑前山家駅
旧駅舎正面 平成13年1月1日撮影

筑前山家駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成13年1月1日撮影

筑前山家駅
現在の駅舎 平成27年5月24日撮影