筑前新宮駅
(現・福工大前駅)
ちくぜんしんぐう (ふっこうだいまえ)
JR九州 鹿児島本線
福岡県福岡市東区

筑前新宮駅(現・福工大前駅)
旧駅舎正面 平成11年5月3日撮影
福岡市東区と糟屋郡新宮町の市町境にある駅。
駅前には商店や住宅が建ち並んでおり、周囲には新興住宅地が広がっているほか、駅の南側には現在の駅名の由来となった福岡工業大学やその系列の短大、高校があります。

なお、当駅は旧駅名の由来となった新宮の町の中心部からは1.5キロほど離れており、町の中心部には後に博多湾鉄道汽船の新宮港駅(現在の西鉄貝塚線西鉄新宮駅)が設けられました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正9年に「筑前新宮」駅として開業し、平成20年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は開業当時からのものと思われるが、大幅に改装されていた。平成15年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 九州のれとろ駅舎 >> 筑前新宮駅(現・福工大前駅)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.