下津井駅 しもつい
下津井電鉄
岡山県倉敷市

下津井駅
旧駅舎正面 平成16年10月31日撮影
下津井電鉄は、かつては国鉄宇野線の茶屋町駅と下津井の町とを結んでいましたが、その後、路線を児島−下津井間に短縮。他の鉄道と連絡しない珍しい軽便鉄道として親しまれていたそうです。しかし、観光効果が期待されていたはずのJR瀬戸大橋線の開業が同社のバス事業に大打撃を与えてしまい、平成3年に鉄道は廃止されてしまいました。

下津井駅は下津井港のそばに位置し、鉄道の廃止後もしばらくは旧駅舎が残されていましたが、柵で囲まれていて中に立ち入ることはできませんでした。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正3年に開業し、平成3年に廃止。初代駅舎は2階建ての木造建築で、写真の旧駅舎は後に改築された(昭和38年とする資料あり)2代目駅舎とのことだが、平成17年頃に解体。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 下津井駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
下津井駅
旧駅舎入口から見た旧駅舎内部 平成16年10月31日撮影

下津井駅
旧駅構内と旧駅舎 平成16年10月31日撮影