三谷駅

みたに
JR西日本 山口線
山口県山口市

三谷駅
旧駅舎 H11(1999).7.3
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正7年に開業。写真の旧駅舎は駅開業当時からのものと思われる
が、平成12年に火災で焼失。その後プレハブの仮待合室を設置し、平成
22年頃に現在の待合室が完成。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 三谷駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
山口市阿東地区(旧・阿武郡阿東町)にある駅。周囲は農村地帯で、駅前には民家が建ち並んでいます。
また、当駅は昭和30年の合併により旧・阿東町の一部となった旧・生雲村の中心部への最寄り駅であるため、特急停車駅となっています。
なお、旧駅舎は漏電とみられる火災で焼失し、しばらくはプレハブの待合室が設置されていましたが、現在は新たに待合室が建てられています。
三谷駅
旧駅舎 H5(1993).11.29
三谷駅
ホーム側から見た旧駅舎 H5(1993).11.29
三谷駅
旧駅舎焼失後の仮待合室 H13(2001).8.3
三谷駅
現在の待合室 H22(2010).7.19
【切符】
三谷駅 きっぷ