南大嶺駅

みなみおおみね
JR西日本 美祢線
山口県美祢市

南大嶺駅
旧駅舎 H6(1994).7.31
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治38年に「伊佐」駅として開業し、昭和24年に現在の駅名に
改称。写真の旧駅舎の建築時期は不明。
平成9-10年頃に旧乗務員詰所を改装し、現在の駅舎に転用。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 南大嶺駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
美祢市の中心部の東端にある駅。美祢市の中心部は昭和29年以前は美祢郡伊佐町だったところで、当駅は現在の美祢線の前身となる厚狭−大嶺駅間の路線開業と同時に、伊佐の町の名を名乗って開業しました。
しかし、当駅は伊佐の町から西方に3.5キロほど離れており、また、当駅から分岐・延伸した区間に開業した吉則駅(現在の美祢駅)がより伊佐の町に近接していたため、後に現在の駅名に改称されています。
なお、支線となった当駅−大嶺駅間は平成9年に廃止となっています。
南大嶺駅
駅構内と列車 H6(1994).7.31
南大嶺駅
現在の駅舎 H25(2013).7.11
南大嶺駅
旧大嶺支線ホームの駅名標 H29(2017).11.25