川棚温泉駅

かわたなおんせん
JR西日本 山陰本線
山口県下関市

川棚温泉駅
旧駅舎 H8(1996).12.25
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正3年に開業。写真の旧駅舎は昭和13年に建てられたもの。
平成14年に現在の駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 川棚温泉駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
下関市豊浦地区(旧・豊浦郡豊浦町)にある駅。駅前には商店や民家が建ち並び、駅前の交差点から1.7キロほど南西方に進んだ場所に川棚温泉の温泉街が広がっています。
なお、現在は山陰本線の山口県内の区間の定期列車は普通列車のみの運行となっていますが、かつては特急列車が運行されていた時期もあり、当駅は特急停車駅となっていました。
川棚温泉駅
現在の駅舎 H28(2016).5.12
川棚温泉駅
現在の駅舎内部 H30(2018).8.18
川棚温泉駅
駅構内と旧ホーム跡 H21(2009).4.27
【切符】
川棚温泉駅 きっぷ
川棚温泉駅 きっぷ