可部駅

かべ
JR西日本 可部線
広島県広島市安佐北区

可部駅
東口駅舎正面 平成30年6月24日撮影
広島市安佐北区の中心部である可部地区にある駅。駅の周囲には住宅や工場、公共施設などが建ち並んでいます。かつては電化区間と非電化区間の境界駅となっており、広島方面からの電車はすべて当駅で折り返し、当駅−三段峡駅間はディーゼルカーが運行されていましたが、非電化区間は平成15年に廃止。その後、平成29年には廃線跡の一部を利用してあき亀山駅(新駅)まで電化・延伸されため、当駅は再び中間駅となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は記録上は明治44年に設置された軌道の停留場を起源とし、昭和11年の国有化時に現在の形になったと思われる。現在の東口駅舎は昭和25年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 可部駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
可部駅
東口駅舎内部 平成30年6月24日撮影

可部駅
終端駅となっていた平成23年当時の駅舎 平成23年8月14日撮影

可部駅
平成11年当時の駅舎 平成11年8月25日撮影

可部駅
駅西口と自由通路入口 平成30年6月24日撮影