本由良駅

ほんゆら
JR西日本 山陽本線
山口県山口市

本由良駅
駅舎 H25(2013).7.17
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治33年に「阿知須」駅として開業し、昭和25年に現在の駅名に
改称。現在の駅舎は昭和15年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 本由良駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
山口市の南部にある駅。駅前には民家が建ち並んでおり、周囲には田畑が広がっています。
また、当駅は開業当時は南東方に3.5キロほど離れた阿知須の町の名を駅名としていましたが、後に阿知須の町のそばに宇部鉄道(後の宇部線)の本阿知須駅が開業。昭和25年にはそちらに阿知須の駅名を譲ることになったものの、集落名の「由良」に改称すると山陰本線の由良駅と重複し、旧国名を冠しても国鉄バス大島線(当時)の周防油良駅と読みが重複するため、理由はよくわかりませんが、最終的に「本」の字を冠した現在の駅名となったようです。
本由良駅
駅舎内部 H25(2013).7.11
本由良駅
ホーム側から見た駅舎 H22(2010).1.18
本由良駅
跨線橋から見た駅舎 R2(2020).10.15
本由良駅
駅舎 H6頃
【切符】
本由良駅 きっぷ
本由良駅 きっぷ
本由良駅 きっぷ