防府駅 ほうふ
防石鉄道
山口県防府市

防府駅
旧駅舎正面 平成7年頃撮影
JR防府駅がまだ現在の高架駅ではなかった頃、駅前広場の西側には防石バスの待合所がありましたが、これが旧・防石鉄道の防府駅駅舎だったそうです。ただし、撮影に訪れた頃には既に待合所は閉鎖され、まもなく解体。その後、拡張された駅前広場に取り込まれてしまいました。

防石鉄道は防府と掘(現在の山口市徳地地区)とを結んでいましたが、昭和39年に鉄道を廃止。その後も会社は存続し、バスを運行していましたが、現在は地元大手バス会社の防長交通に吸収されています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正8年に「三田尻」駅として開業し、昭和37年に駅名改称後、昭和39年に廃止。
旧駅舎の建築時期は不明だが、平成7年頃に解体。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 防府駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
防府駅
旧ホーム側から見た旧駅舎 平成7年頃撮影