広電廿日市駅 ひろでんはつかいち
広島電鉄 宮島線
広島県廿日市市

広電廿日市駅
旧駅舎正面 平成24年5月22日撮影
廿日市市の市街地にある駅。近くにはJR廿日市駅もあります。
広電では最後まで木造駅舎が残されていた駅で、平成14年の訪問時には駅舎の一部が店舗となっており、出札口では乗車券の販売も行われていましたが、平成24年の訪問時には店舗部分は解体され、駅も無人化されていました。

また、かつて走っていた宮島線内専用の高床車両のため、駅舎に接して高床車両用ホームも残されていましたが、駅舎の解体とともに高床車両用ホームも撤去されています。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は大正13年に「廿日市町」駅として開業し、昭和36年に現在の駅名に改称。写真の旧駅舎は駅開業当時に建てられたものと思われるが、平成24年に解体された。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 広電廿日市駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
広電廿日市駅
旧駅舎内部 平成24年5月22日撮影

広電廿日市駅
ホーム側から見た旧駅舎 平成24年5月22日撮影

広電廿日市駅
旧駅舎裏側 平成24年5月22日撮影

広電廿日市駅
平成14年当時の旧駅舎 平成14年1月4日撮影

広電廿日市駅
現在の駅待合室 平成28年7月29日撮影