安芸津駅 あきつ
JR西日本 呉線
広島県東広島市

安芸津駅
駅舎正面 平成27年5月31日撮影
東広島市安芸津町地区(旧・豊田郡安芸津町)の玄関駅で、駅の周囲には古い商店や民家が建ち並んでいます。また、駅の裏手にある港からは大崎上島への船が就航しています。

駅開業当時は「安芸三津(あきみつ)」駅と名乗っていましたが、これは駅開業当時の町名である賀茂郡三津町(現在も大字名として現存)に由来しており、昭和18年の町村合併による安芸津町発足後、昭和24年に新町名に合わせて現在の駅名に改称されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和10年に「安芸三津」駅として開業し、昭和24年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は駅開業当時からのもの。
れとろ駅舎HOME >> 山陽・山陰のれとろ駅舎 >> 安芸津駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
安芸津駅
築堤上のホームから見た駅舎 平成27年5月31日撮影

安芸津駅
平成12年当時の駅舎 平成12年8月20日撮影