多宝塔駅 たほうとう
鞍馬山鋼索鉄道
京都府京都市左京区

多宝塔駅
駅舎(多宝塔礼堂)入口 平成28年8月15日撮影
鞍馬寺が運営する、鞍馬山鋼索鉄道の山上駅。多宝塔礼堂という建物が駅舎となっており、駅前には当駅開業後に再建されたという多宝塔が建っているほか、鞍馬寺の本殿へ向かう参道が延びています。

鞍馬山鋼索鉄道は鞍馬寺の山内に設けられている宗教施設の一部であるため、まず山内に入るために愛山費を納め、片道毎に維持協力費を寄付することによってケーブルカーに便乗させていただくという形となっています。また、ケーブルカーの乗車中には鞍馬寺についての簡単なガイダンスが流れ、その宗教観を垣間見ることができます。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅が開業した昭和32年当時からの建物と思われる。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 多宝塔駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
多宝塔駅
駅舎地階部分の外観 平成28年8月15日撮影

多宝塔駅
駅舎内部 平成28年8月15日撮影