虹駅
(通称・虹の駅)
にじ(にじのえき)
神戸市すまいまちづくり公社 麻耶ケーブル線
兵庫県神戸市灘区

虹駅(虹の駅)
駅舎正面 平成13年5月19日撮影
摩耶山の中腹に位置する、摩耶ケーブル線の終点駅。周囲には公園やホテルの廃墟があるだけですが、ここからロープウェイを乗り継いで山頂付近の「星の駅」まで行くと、掬星台(きくせいだい)という展望公園があり、摩耶山・六甲山の各観光施設を結ぶバスに乗り換えることもできます。

駅は開業時から長らく「摩耶」駅という駅名でしたが、阪神大震災に伴う休止から営業が再開された際に、現在の駅名となりました。なお、駅の正式な名称は「虹」駅だそうですが、表記や案内には通称の「虹の駅」が多用されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正14年に「摩耶」駅として開業し、平成13年に現在の駅名に改称。
昭和19−30年、平成7−13年に営業休止。現在の駅舎は駅開業当時からのもの。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 虹駅(虹の駅)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.