三国ヶ丘駅 みくにがおか
南海 高野線
大阪府堺市堺区

三国ヶ丘駅
旧西口駅舎正面 平成11年3月23日撮影
堺市堺区にある、JR阪和線との接続駅。駅の周囲には商業施設やマンションが建ち並んでいます。

南海高野線とJR阪和線は当駅の構内で立体交差しており、高野線のホームは地平に、阪和線のホームは掘割の中に設置されています。当駅付近の路線は、高野鉄道(高野線の前身)が明治31年に、阪和電気鉄道(阪和線の前身)が昭和4年に開業。昭和15年の南海鉄道と阪和電気鉄道との合併によって、高野線と阪和線(合併当時は山手線)は同じ会社の路線となり、昭和17年にようやく接続駅として当駅が設置されたものの、その2年後には戦時買収により山手線は国有鉄道の阪和線となりました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は昭和17年に開業。写真の旧西口駅舎の建築時期は不明。
平成25年に現在の橋上駅舎に改築。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 三国ヶ丘駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.