紀和駅 きわ
JR西日本 紀勢本線
和歌山県和歌山市

紀和駅
駅舎正面 平成11年1月20日撮影
和歌山市の市街地の北端部にある駅。駅前には商店や住宅が建ち並んでいます。
当駅は、紀和鉄道(現在の和歌山線の一部)の和歌山駅として明治31年に開業。当時は和歌山市街に近接した唯一のターミナル駅でしたが、明治36年には南海鉄道(現在の南海電鉄南海本線)が市の中心部により近い場所に和歌山市駅を開業したため、紀和鉄道も同駅に乗り入れを開始。その後、当駅から紀勢西線(現在の紀勢本線の一部)が分岐し、市街地の東側に東和歌山駅が設置されましたが、数年後に阪和電気鉄道(現在の阪和線)が東和歌山駅に乗り入れたため、当駅は次第にターミナル駅としての機能を喪失。昭和40年代に「和歌山」の駅名を東和歌山駅に譲り、和歌山線も直接現在の和歌山駅に乗り入れるようになりました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治31年に「和歌山」駅として開業し、昭和43年に現在の駅名に改称。
写真の旧駅舎は大正9年に建てられたものと思われる。平成20年に現在の高架駅が完成。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 紀和駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
紀和駅
ホーム側から見た駅舎 平成11年1月20日撮影

紀和駅
現在の高架駅 平成28年8月13日撮影