上ノ太子駅 かみのたいし
近鉄 南大阪線
大阪府羽曳野市

上ノ太子駅
北口駅舎正面 平成28年8月14日撮影
羽曳野市の郊外にある駅。
古来から河内国と大和国を結んでいた竹内(たけのうち)街道が駅のそばを通っており、街道に沿って民家や商店などが建ち並んでいます。また、街道に沿って1.5キロほど南下すると南河内郡太子町の中心部が広がり、その西側には駅名の由来となった叡福寺(上ノ太子)があります。

平成16年には南口駅舎と駅前ロータリーが完成し、駅事務室機能が南口駅舎に移されたため、旧来の北口駅舎は現在は無人化されています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和4年に開業。現在の北口駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 上ノ太子駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
上ノ太子駅
北口駅舎内部 平成28年8月14日撮影

上ノ太子駅
平成12年当時の北口駅舎 平成12年6月24日撮影撮影

上ノ太子駅
南口駅舎 平成28年8月14日撮影