加古川駅

かこがわ
JR西日本 山陽本線
兵庫県加古川市

加古川駅
旧駅舎 H8(1996).3.19
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治21年に開業。写真の旧駅舎は大正8年に建てられたもので、
西成線(現在の桜島線)の桜島駅の駅舎を移築したものといわれて
いる。平成17年に現在の高架駅が完成。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 加古川駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
加古川市の玄関駅。駅前には商店街が広がり、商業施設やマンションが建ち並んでいます。
当駅は加古川線の接続駅でもありますが、昭和59年までは国鉄高砂線も接続し、加古川線と高砂線は同じ播州鉄道によって敷設された経緯から駅北側のホームを共用していました。そのため、高砂線は当駅出発後に築堤を登り、山陽本線を跨いで南下していました。
加古川駅
旧駅舎入口 H11(1999).12.4
加古川駅
現在の高架駅 H18(2006).1.24