英賀保駅 あがほ
JR西日本 山陽本線
兵庫県姫路市

英賀保駅
駅舎正面 平成25年1月6日撮影
姫路市の郊外にある駅。
駅前からは放射状に道路が延びており、周囲には商店や住宅などが建ち並んでいます。

英賀城址、英賀神社が近く、近隣の地名などにも英賀という名称が多く用いられていますが、駅名は駅開業当時の所在地名である飾磨郡英賀保村に由来しているものと思われます。なお、英賀保村は後に飾磨郡飾磨町に編入され、その飾磨町は昭和15年の市制施行で飾磨市となりますが、昭和21年の広域合併により現在は姫路市の一部となっています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は大正2年に開業。現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 近畿のれとろ駅舎 >> 英賀保駅
れとろ駅舎 Copyright (C) Com-it & Matcha All Rights Reserved.
英賀保駅
平成8年当時の駅舎 平成8年5月5日撮影