伊勢市駅

いせし
JR東海 参宮線
三重県伊勢市

伊勢市駅(JR東海)
平成13年当時の南口駅舎 平成13年7月15日撮影
伊勢市の中心部にある駅。近鉄との共同使用駅で、市街地に面している南口駅舎はJRが管理しており、400メートルほど南西方には伊勢神宮外宮(豊受大神宮)の敷地が広がっています。また、近鉄のホームに面している北口駅舎は近鉄が管理していますが、JRのホームとの間には車両停泊設備(元の車両基地)が広がっているため、南口と北口とは長い跨線橋によって結ばれています。
(→近鉄側・北口駅舎はこちら)
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治30年に「山田」駅として開業し、昭和34年に現在の駅名に改称。
現在の南口駅舎は昭和25年に建てられたもので、平成23年頃に改装。
れとろ駅舎HOME >> 東海のれとろ駅舎 >> 伊勢市駅(JR東海)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
伊勢市駅(JR東海)
改装後の南口駅舎 平成30年11月23日撮影
伊勢市駅(JR東海)
近鉄ホームから見たJR駅構内 平成30年11月23日撮影