東岩瀬駅

ひがしいわせ
JR西日本 富山港線 (現・富山地方鉄道)
富山県富山市

東岩瀬駅
現役当時の旧駅舎 H13(2001).11.3
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は大正13年に「越中岩瀬」駅として開業し、昭和25年に現在の駅名
に改称。平成18年にJR西日本からに富山ライトレールに移管され、
令和2年に富山地方鉄道と合併。写真の旧駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 甲信北陸のれとろ駅舎 >> 東岩瀬駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
駅訪問当時はJR富山港線の駅でしたが、富山ライトレールの駅となった後、現在は富山地方鉄道富山港線の駅となっています。
江戸時代から港町として栄えてきた富山市岩瀬地区にある駅で、周囲には住宅や商店、工場などが建ち並んでいます。また、開業当初は「越中岩瀬」という駅名でしたが、北陸本線(当時)にあった東岩瀬駅が東富山駅に改称されることになり、同時に当駅の駅名も現在の駅名に改称されました。なお、当駅には電停化後も木造駅舎が残されており、現在も待合所として利用されています。
東岩瀬駅
ホーム側から見た旧駅舎 H13(2001).11.3
東岩瀬駅
旧駅舎 R2(2020).10.10
東岩瀬駅
旧駅舎内部 R2(2020).10.10
東岩瀬駅
ホーム側から見た旧駅舎 R2(2020).10.10
東岩瀬駅
現在の電停 R2(2020).10.10