秩父駅

ちちぶ
秩父鉄道 秩父本線
埼玉県秩父市

秩父駅
公園に移築された旧駅舎 R3(2021).9.23
【分類】 保存駅舎(移設)
【考察】 大正3年開業。
旧駅舎は駅開業当時からのもので、昭和59年に現在地に移設。※1
現在の駅ビルは昭和60年築。※2
れとろ駅舎HOME >> 関東のれとろ駅舎 >> 秩父駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
秩父市の中心市街地にある駅で、駅舎は地場産業会館と合築の駅ビルとなっています。市街地は隣の御花畑駅周辺まで続いていますが、御花畑駅は西武秩父駅との連絡駅となっており、また、西武秩父駅は池袋方面へ列車が直通していることから、当駅の利用客数は両駅よりも少ない状態となっています。
なお、当駅の旧駅舎は駅ビルの建設に先立ち、昭和59年に市内の聖地公園に移築。当初は他の歴史的建造物と合わせて市立民俗博物館となっていましたが、その後博物館は閉館。現在、旧駅舎は墓参の季節に休憩所として利用されています。
秩父駅
旧駅舎待合室 R3(2021).9.23
秩父駅
旧駅舎内部 R3(2021).9.23
秩父駅
駅ビル(地場産業会館) R3(2021).9.23
秩父駅
駅ビル内部 R3(2021).9.23
【切符】
秩父駅 きっぷ秩父駅 きっぷ
秩父駅 きっぷ
【脚注】
※1."旧秩父駅舎/秩父市(秩父市公式サイト)" http://www.city.chichibu.lg.jp/4253.html 2021.9.30閲覧
※2.『JR・私鉄全線各駅停車4 関東720駅』 小学館 1993,p.218