夕張駅

ゆうばり
国鉄 石勝線
北海道夕張市

夕張駅
初代駅の旧駅舎とホーム H13(2001).9.2
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治25年に開業。昭和60年に起点側1.3キロメートルの場所に、
平成2年にさらに起点側0.8キロメートルの場所に移転し、平成31年
に廃止。初代駅旧駅舎は大正12年に建てられたもので、駅移転後に
「石炭の歴史村」事務所となった後、平成18年に解体。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 夕張駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
かつて夕張市に存在していた、夕張支線の終点駅。
写真の旧駅舎が建っていた初代の駅は、市街地より奥の炭鉱のそばに位置する貨物輸送中心の駅でしたが、炭鉱閉山後路線が短縮され、駅は市役所の裏手に移転。さらに数年後にはリゾートホテルのそばに駅が移転し、平成31年の石勝線新夕張−夕張駅間部分間廃止とともに駅としての役割を終えました。
夕張駅
3代目駅の駅舎 H13(2001).9.2