夕張駅

ゆうばり
国鉄 石勝線
北海道夕張市

夕張駅
初代駅の旧駅舎とホーム 平成13年9月2日撮影
かつて炭鉱都市として賑わった夕張市の玄関駅。当駅は過去に2度移転しており、初代の駅は市街地より奥の炭鉱のそばに、2代目の駅は市役所の裏手に位置し、現在の3代目の駅は巨大なリゾートホテルのそばにあります。初代の駅は多くの石炭を出荷する貨物中心の駅として栄えましたが、昭和60年の2代目の駅への移転後、旧駅舎は「石炭の歴史村」事務所として利用されていました。
【分類】 旧駅舎(現存せず)
【考察】 駅は明治25年に開業。昭和60年に起点側1.3キロメートルの場所に移転し、平成2年にさらに起点側0.8キロメートルの場所に移転。
初代駅旧駅舎は大正12年に建てられたものだが、平成18年に解体された。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 夕張駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
夕張駅
3代目駅の駅舎 平成13年9月2日撮影