鹿ノ谷駅

しかのたに
JR北海道 石勝線
北海道夕張市

鹿ノ谷駅
旧駅舎 H29(2017).4.11
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は明治30年に開業し、平成31年に廃止。写真の旧駅舎は昭和9年に
建てられたものだが、昭和40年代の写真と比較すると駅事務室部分が
かなり縮小されている。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 鹿ノ谷駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
夕張市にかつて存在していた駅。周囲には住宅や商店が点在していたほか、昭和50年までは夕張鉄道との接続駅だったこともあり、大きな木造駅舎と広い駅構内を有していました。
また、平成13年の訪問時には「かつて12万人いた人口も、今では1万5千人…」と記された記念碑が駅前に建っていましたが、平成29年の訪問時には夕張市の人口は9千人を割り込んでおり、さらに過疎化は進行。当駅も平成31年の石勝線新夕張−夕張駅間部分間廃止とともに駅としての役割を終えました。
鹿ノ谷駅
旧駅舎内部 H29(2017).4.11
鹿ノ谷駅
ホーム側から見た旧駅舎 H29(2017).4.11
鹿ノ谷駅
旧駅舎 H13(2001).9.2
鹿ノ谷駅
ホーム側から見た旧駅舎 H13(2001).9.2