渡島沼尻駅

おしまぬまじり
JR北海道 函館本線
北海道茅部郡森町

渡島沼尻駅
駅舎正面 平成17年5月21日撮影
森の中にある小さな駅。信号場の詰所として使われていたと思われる建物に間借りして、ささやかな待合室が設けられています。ホームは短く簡素なものですが、貨物列車や長編成の列車が通るため、行き違いのための複線区間が長く取られています。
【分類】 現役駅舎
【考察】 昭和20年に信号場・仮乗降場として開設。JR発足時の昭和62年に駅に昇格。
現在の駅舎の建築時期は不明。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 渡島沼尻駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
渡島沼尻駅
ホーム側から見た駅舎 平成17年5月21日撮影