大沼駅

おおぬま
JR北海道 函館本線
北海道亀田郡七飯町

大沼駅
駅舎 H23(2011).6.16
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は明治36年に開業。大正7年と昭和20年に駅舎一部改築の記録が
あるが、建物財産標および固定財産標には「昭和9年」とあり。
現在の駅舎は昭和9年に建てられたものを昭和20年に改装あるいは
増築したものと思われる。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 大沼駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
亀田郡七飯町にある駅。砂原線・藤城線と呼ばれる2つの支線が交わる列車運転上の主要駅で、待合室の広い大きな木造駅舎と長大なホームを備えていますが、発着するのは短い編成の普通列車のみとなっており、立派な駅設備を持て余しています。
また、駅前には土産物屋や飲食店などが点在しており、少し歩くと隣の大沼公園駅にたどり着きます。
大沼駅
駅舎内部 H23(2011).6.16
大沼駅
ホーム側から見た駅舎 H23(2011).6.16
大沼駅
駅舎 H9(1997).8.12