奥白滝駅(現・奥白滝信号場)

おくしらたき
JR北海道 石北本線
北海道紋別郡遠軽町

奥白滝駅(現・奥白滝信号場)
旧駅舎正面 平成13年9月5日撮影
紋別郡遠軽町白滝地区(旧・紋別郡白滝村)にかつて存在していた駅。駅周辺の集落が消滅し日常的な利用客が皆無となったため、平成13年に駅としては廃止となり、現在は列車行き違いのための信号場となっています。なお、当駅と天幕、中越の両駅が同時に廃止されたことにより、上川−上白滝駅間の1駅間の距離が34キロもの長さとなり、平成28年にはさらに上白滝駅も廃止となったため、上川−白滝駅間の37キロの間に1つも駅が存在しない状態となりました。
【分類】 旧駅舎(現存)
【考察】 駅は昭和7年に開業し、平成13年に廃止。現在は信号場となっている。
写真の旧駅舎は駅開業当時からのものと思われ、現在も信号場の詰所として使われている。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 奥白滝駅(現・奥白滝信号場)
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
奥白滝駅(現・奥白滝信号場)
ホーム側から見た旧駅舎 平成13年9月5日撮影