北見滝ノ上駅

きたみたきのうえ
国鉄 渚滑線
北海道紋別郡滝上町

北見滝ノ上駅
旧駅舎 R2(2020).9.12
【分類】 保存駅舎(現存)
【考察】 駅は大正12年に開業し、昭和60年に廃止。写真の旧駅舎は開業当時に
建てられたものと思われるが、駅廃止後若干移設されている。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 北見滝ノ上駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
紋別郡滝上町にかつて存在していた、渚滑線の終点駅。町の中心部は渚滑川とその支流のサクルー川の合流部付近に広がっており、旧駅の周囲には民家や商店、公共施設などが建ち並んでいます。

なお、昭和60年後の渚滑線廃止後、旧駅舎は若干移設の上、渚滑線の資料などを展示する「北見滝ノ上駅舎記念館」として公開されています。
北見滝ノ上駅
旧駅舎内部 R2(2020).9.12
北見滝ノ上駅
ホーム側から見た旧駅舎 R2(2020).9.12