川湯温泉駅

かわゆおんせん
JR北海道 釧網本線
北海道川上郡弟子屈町

川湯温泉駅
駅舎 H13(2001).9.4
【分類】 現役駅舎
【考察】 駅は昭和5年に「川湯」駅として開業。昭和63年に現在の駅名に改称。
現在の駅舎は昭和11年に建てられたもの。
れとろ駅舎HOME >> 北海道のれとろ駅舎 >> 川湯温泉駅
れとろ駅舎 Copyright © since 1999 Com-it & Matcha All Rights Reserved.
【メモ】
川湯温泉や硫黄山などの観光地への下車駅。温泉街からは4キロほど離れていますが、日中は温泉街までバスの便があります。
また、旧駅事務室部分はレストラン「オーチャードグラス」となっており、テレビや書籍などでも紹介されているほか、駅舎の前には「摩周湖の水」という水道があり、おいしい水を飲むことができます。
川湯温泉駅
駅舎 H30(2018).8.23
川湯温泉駅
駅舎内部 H29(2017).4.12
川湯温泉駅
ホーム側から見た駅舎 H29(2017).4.12
川湯温泉駅
駅舎 H9(1997).8.5